モデルハウス紹介/ModelHouse

トップページモデルハウス紹介 > ヤマダ・エスバイエルホーム「こもれび」

ヤマダ・エスバイエルホーム「こもれび」

ヤマダ・エスバイエルホーム「こもれび」

―外に閉じて中に開く―自然素材に包まれた中庭の住まいの御提案

工法:S×L-Wood構法(木質パネル構法)

落ち着きのある和モダンの外観デザインには、ありきたりではない美しさや遊び心が盛り込まれています。
テーマは内と外を巧みに融合させ、四季のうつろいを感じる住まい。
中庭を囲むようスペースを配置。ガラス張りの中庭は、心地良い内にいながらどこからでも庭や緑を楽しめます。
待合いのある坪庭や、にじり口からの通り土間、浮遊感のある渡り廊下、中庭を楽しむ和室など大人の遊び心を随所に盛り込みました。
明るく楽しく家族がふれあえる間取りは、世代を超えて愛され続けるでしょう。

このモデルハウスのお問い合わせ
075-311-5200

ハウスメーカーサイトへ

モデルハウスの見どころポイント

Point01
開放感とふれあいのLDK

リビング・ダイニング・キッチンはひとつながりのオープン空間に。階段はリビング内に設け、必要な造作家具も低めに設計しました。家族がのびのびふれあえ、どこにいても中庭の景色を堪能できます。

開放感とふれあいのLDK

空間をつなぐ中庭

Point02
空間をつなぐ中庭

中庭をめぐるように各スペースを配置。間仕切りをガラスにすることで、内と外が溶け合う、明るくのびやかな空間構成を実現しました。渡り廊下は橋のような設計に。
下部をあける事で、前庭と中庭を空間的につないでいます。

Point03
茶室の待合いを思わせる坪庭

室内には坪庭からも入ることができます。坪庭には濡縁を設け、通り土間への入口をにじり口のように設計して、茶室の待合いのような佇まいに。通り土間は坪庭と中庭を望め、室内のような外のような不思議な感覚の空間に仕上げました。

茶室の待合いを思わせる坪庭

間取り図

延床面積199.86㎡(60.45坪)

1階
1階 床面積115.51㎡
2階
2階 床面積84.35㎡